main visual

BIOGRAPHY

80年代後半からレゲエDJ
80年代後半からレゲエDJ<PAPA BON>として地元札幌を中心に活動。93年に渡米、ニューヨーク/ジャマイカで長期滞在。この間もJap Jam、Thunder Gateなど当時台頭したジャパニーズ・レゲエ・レーベルから7インチシングルをリリースし、その存在が話題を呼ぶ。98年Rockers Islandから12インチ「傷心症」、そしてPushimやRyo The Skywalkerなども参加したアルバム『Sword Man』(CDはBandai)を完成し帰国。その後、日本全国でのライブ活動、あらゆるレーベルからのリリースなど常にシーンの真ん中に存在し続けてき ている。2001年ユニバーサルからマキシシングル「WHO AM I」リリースを機にDJ名をPAPA Bと改める。
Papa Bの魅力
Papa Bの魅力は、毎回変化球のようにくり出される斬新なアイデア溢れるテーマ、たたみかける早口トークや歌心あふれるメロディーラインなど緩急極めたフロウ、常に意表をつき時にはコミカルな言葉をもりこみながら実はしっかりと社会を見据えている深いリリックにある。またライブでは、小さなクラブのラバダブから大きなステージのバンドショーまで、それぞれの味を生かして自身を演出。レゲエ・ディー・ジェイとは、を体現する存在としてファンのみならず同じアーティストや全国のサウンドマンからもリスペクトされる稀有な存在となっている。
MIGHTY CROWNに参入
2003年11月よりNY時代からの仲間であるMIGHTY CROWNに参入。地元札幌とMIGHTY CROWNのベースである横浜を行き来しながら本格的にレコーディングを開始。2004年6月フル・アルバム『NEO ENTERTAINER』をリリース。実に6年ぶりのアルバムとなった本作は、パフォーマンスでの評判を倍増して実証した名盤となった。以降LIFE STYLE RECORDSからはこれまでにシングル4タイトル、アルバム5タイトルをリリースしている。常に新しいスタイルを生み出しながら、どの曲にも共通する圧倒的なオリジナリティ。PAPA Bは、自分のスタイルを貫きつつ万人にレゲエの楽しさや自由さを届ける稀代のアーティストである。2008年、レゲエ・Dee Jayとして活動20周年を迎え、ますますその刃を尖らせ光らせ続けてきている。